クラリをコンサートスクウェアに統合し、音楽家を登録閲覧ができるようになりました。また、クラリと同じ方法でコンサートスクウェアでログインが行えます。

Madrigali del SUD 南イタリアのマドリガーレ

DolceAmaro第6回公演 埼玉公演

2024年02月10日() 14:00 開演

松明堂音楽ホール埼玉県

https://www.dolceamarotokyo.com/shop

声楽アンサンブル: DolceAmaro / ソプラノ: 森川郁子 / ソプラノ: 森有美子 / テノール: 市川泰明 / テノール: 中村康紀 / バス: 阿部大輔

ルッツァスコ・ルッツァスキ おぉ、愛の奇跡 / アルフォンソ・フォンタネッリ 私の心は死ぬ事ができない / ポンポーニオ・ネンナ 黙れよ口よ、あぁ黙るのだ / アスカーニオ・マイオーネ あなたの心は死ぬ事ができる / エットーレ・デッラ・マッラ 話すべきか、哀れな私よ、黙るべきか? / カルロ・ジェズアルド 黙せば、苦しみは迫り / カルロ・ジェズアルド 慈悲を!」と私は泣きながら叫ぶ
ほか

みんなのコンサートメモ

使い方は十人十色。
書いて、音楽をもっと好きになろう。

wish

聴きたい

気になるコンサートを
ブックマークしたい!

heard

聴いた

今まで聴いたコンサートを
覚えておきたい!

appeared

出演した

演奏した時の経験を
次に活かしたい!

動画

主催者情報

コンサートについて

DolceAmaro第6回公演
〜南イタリアのマドリガーレ集〜

日時:2024年2月10日(土)埼玉公演
14:00開演(13:30開場)

出演:DolceAmaro
森 有美子(ソプラノ)
森川 郁子(ソプラノ)
市川 泰明(テノール)
中村 康紀(テノール)
阿部 大輔(バス)
    
プログラム :
ルッツァスコ・ルッツァスキ:おぉ、愛の奇跡 (1595年出版)
アルフォンソ・フォンタネッリ:私の心は死ぬ事ができない (1595年)
ポンポーニオ・ネンナ:黙れよ口よ、あぁ黙るのだ (1603年)
アスカーニオ・マイオーネ:あなたの心は死ぬ事ができる (1604年)
エットーレ・デッラ・マッラ:話すべきか、哀れな私よ、黙るべきか? (1609年)
カルロ・ジェズアルド:黙せば、苦しみは迫り (1594年)
「慈悲を!」と私は泣きながら叫ぶ (1611年)  ほか

暑い日差し、レモンやオレンジの香り、一面のオリーブにサボテン、乾いた風の向こうにはワイン畑と、その先の丘に点在する小都市。その丘の一つに、今もジェズアルド城は建っています。

第6回目の公演は、南イタリア、特にジェズアルドの周辺を集めたマドリガーレ集です。

特異な和音の進行、ヴェノザ、ジェズアルドその他の地の領主、妻と情夫の殺人者、と、その名は400年前の当時から知れ渡り、またその時代から遠くストラヴィンスキーまでをも驚嘆させ、現代に生きる私たちの耳にも今なお、ある意味「奇怪」に聞こえるその音楽は、この時代でも他の作曲家の追随を許さない、唯一聳える歪んだ塔のように、初期バロックの音楽史にポツリと君臨しているように見えます。

ですが、本当にジェズアルドだけが特異だったのでしょうか。

今回は、ジェズアルドが生きた時代のナポリやバーリの作曲家達、先輩や師匠に当たるであろう作曲家から、周囲に仕えた者、貴族仲間、同時代人、そしてジェズアルド亡き後の作曲家まで、多くの作曲家の作品を集めてみました。どんな作曲家がいて、どんな音楽を書いていたのか。今回は全て、5声の歌のみのアンサンブルで演奏いたします。

DolceAmaro
HP:https://www.dolceamarotokyo.com/
Facebook:https://m.facebook.com/DolceAmaroTokyo/

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

PRおすすめのコンサート

篝火(かがりび)に たちそふ 恋の煙こそ

篝火(かがりび)に たちそふ 恋の煙こそ

icon 2024/05/18 14:30

icon

新緑が美しくゆれる5月、西洋の紫式部が甦る。

The Yale Whiffenpoofs 来日東京公演

The Yale Whiffenpoofs 来日東京公演

icon 2024/05/24 19:10

icon

110年の歴史を誇るアメリカ最古の大学アカペラグループの来日公演!伝統のハーモニーをお楽しみください!