新型コロナウィルスの影響で、中止・延期となったコンサートがございます。必ず主催者に開催有無をご確認いただきお出かけいただくようお願いいたします。

株式会社MAE

ウェールズ弦楽四重奏団 15周年記念特別演奏会

2021年12月21日() 19:00 開演

銀座 王子ホール東京都

https://maandengagement.wixsite.com/website/blank-page-4

株式会社MAE

ウェールズ弦楽四重奏団は最難関といわれるミュンヘン国際音楽コンクール第3位入賞の実力を誇る日本を 代表するカルテット。メンバーは神奈川フィル・コンマスの崎谷直人、都響第二ヴァイオリン副首席の三原久遠、N響第一ヴァイオリン次席の横溝耕一、読響チェロ首席の富岡廉太郎という豪華な顔ぶれ。結成当時、将来を期待される若手奏者だった彼らは15年の時を経て、それぞれ日本の主要 オーケストラのトップを担う存在へと躍進しました。
2006年の桐朋学園在学時に結成して以来、コンクールや留学経験を共にして充実した経験を積み、たゆまぬ努力を続けてきたウェールズ弦楽四重団は、常設の四重奏団として抜きんでた存在。ウェールズ弦楽四重奏団がプロデビューを果たした思い出の王子ホールで15年目の節目に相応しい骨太のプログラムを披露します。

出演:ウェールズ弦楽四重奏団
・﨑谷直人 Naoto Sakiya, 1st violinist/神奈川フィルハーモニー管弦楽団ソロ・コンサートマスター
・三原久遠 Hisao Mihara, 2nd violinist/東京都交響楽団第2ヴァイオリン副首席奏者
・横溝耕一 Koichi Yokomizo, violist/NHK交響楽団第1ヴァイオリン次席奏者
・富岡廉太郎Rentaro Tomioka, cellist/読売日本交響楽団首席チェロ奏者

曲目:
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第14番 ト長調 K387
ヤナーチェク:弦楽四重奏曲 第1番《クロイツェル・ソナタ》
ブラームス:弦楽四重奏曲 第2番 イ短調 作品51

プログラム

  • 弦楽四重奏曲 第14番 ト長調 K387

    モーツァルト

  • 弦楽四重奏曲 第1番《クロイツェル・ソナタ》

    ヤナーチェク

  • 弦楽四重奏曲 第2番 イ短調 作品51

    ブラームス

出演者

  • ウェールズ弦楽四重奏団

  • 﨑谷直人

    ヴァイオリン

  • 三原久遠

    ヴァイオリン

  • 横溝耕一

    ヴィオラ

  • 富岡廉太郎

    チェロ

入場・チケット購入

  • 入場料

    全席自由 5000円

  • 購入方法

問い合わせ

チェックイン一覧

コンサート情報の編集・削除

ログインして、編集・削除する

コンサートカレンダー