髙田三郎

1913年12月18日 - 2000年10月22日

日本

髙田 三郎(たかた さぶろう、1913年(大正2年)12月18日 - 2000年(平成12年)10月22日)は、日本の作曲家、指揮者。合唱曲を中心に作曲を行ったほか、自作を中心に指揮者としても活躍した。日本のカトリック教会で歌われる典礼聖歌を作曲したことでも知られる。名字は「高田」ではなく「髙田」(いわゆるはしご髙)が正式な表記である。愛知県名古屋市に生まれる。愛知県第一中学校(現:愛知県立旭丘高等学校)を経て、武蔵野音楽学校(現:武蔵野音楽大学)師範科で呉泰次郎に和声法を師事する。

この作曲家の曲を演奏するコンサート

情報がありません